マタニティブルーとはどんな感じ?

お産の無事終わった2・3日中に、マタニティ時期に増えていた女性ホルモンの分泌は急速に低下していきます。
このため、ふたたび体内のホルモンバランスが崩れてしまい、心身不安定という状態になってしまうことがあります。

スポンサードリンク

・ふじに出産を終えて赤ちゃんと対面し、幸せの絶頂なはずなのに、なぜか悲しい。
・夕暮れ時になると、決まって気分が落ち込みだし、ワケもなく涙が出てしまう。

この様に感じる時は、マタニティーブルーです。

もちろん、ホルモン量の変化だけが原因といえる訳ではないでしょう。
お産の疲れやまだ慣れない育児、睡眠不足、さらに家の中でひとりで育児に取り組まなければならない、という孤独感や不安などのストレスが積み重なると、情緒が不安定になります。

マタニティーブルーは、通常ですと女性ホルモンが急激的に変化する2〜3日から始まり、だんだんと感じなくなり、1ヶ月以内には改善されてきます。
特になりやすいタイプとしては、性格的に責任感の強い人や完璧主義の人ですね。

まれに育児ノイローゼになってしまう事もありますが、まず、マタニティ期間中のつわりと同じで、生理的なものと考えて良いと思います。
都会などでは、核家族が増え、地域との繋がりもなかなか無い、といったママにとって孤独な育児環境というのも、さらに不安を増やしてしまい、ストレスの原因になってしまいます。

もしも1ヶ月以上経っても、症状がよくならず、かえってだんだんと重くなっていく。
または不安感や倦怠感が強くなっていく。
イライラした状態が酷くなり、子供にも興味が無くなってしまう。
そんな状態になってしまうとマタニティブルーは産後うつ病となり、医師に診ていただく必要があるでしょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

マタニティブルーを乗り越えよう
最近、マタニティブルーという言葉をよく耳にします。 いつも元気で明るい気分な人か......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

マタニティ情報(ウエア,ヨガ,通販):携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://baby.9feg.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。