マタニティ期間はカロリーと塩分に注意!

マタニティ期間中の体重増加は8Kgまでが理想とされています。
太りすぎると脂肪が貯まり、それによって産道も狭くなって難産の原因になってしまうからです。

スポンサードリンク

そこで調理油を減らすよう工夫してカロリーダウンしてみましょう。
カロリーを大きく左右するのは、やはり調理油なのです。
どう調理するかによってカロリーは大きく変わってしまいます。
せっかくカロリーの低い素材を選んでいても、ムダになってしまうかもしれません。

油で炒める事は、短時間で手間も掛からずに作れるので便利な調理法なのですが、毎日は避けたほうがよいですね。
煮たり、茹でたり、蒸したり、あみで焼いたりするなどは油を使わないの、でそれほどカロリーアップになりません。
また、茹でたものやあみで焼いたりしたものは、食材自身の脂が落ちるので、カロリーを抑えやすいでしょう。

次は塩分です。
塩分を摂り過ぎているとむくみがおこり易くなり、さらに高塩分な食事を続けていると、妊娠中毒症や高血圧などの原因になってしまいます。
マタニティママの塩分摂取量は目安として1日に平均して8gです。

薄味も毎日の事となると、ある程度は満足感が無いと続きませんよね。
だしやスープなどのうまみ成分が、その物足りなさをカバーしてくれるのです。
しかし、市販のだしの素やスープの素は手軽で便利ですが、どれも塩分が含まれてしまっています。
そこで、自然のだしがとれる昆布や干し椎茸・魚・骨付き肉などの素材を上手に使うことをお勧めします。

ドクターによるアドバイス

浮腫みや高血圧症の原因は塩分の摂りすぎなどが関係してきます。
塩分の摂取量は1日に10g迄と言われていますが、出来れば8g迄に抑えたいところです。
マタニティ初期のうちから薄味に慣れておくよう心がけて、妊娠中毒症を予防しましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

マタニティ期間中の鉄分って大切!?
マタニティ期間中は貧血になりやすいといいますよね。 お医者さんによるとマタニティ......
マタニティママの食事の目標
マタニティ期間中はバランスの良い食事のが必要となってきます。 そのためには1日に......
マタニティ カルシウム摂取と便秘
マタニティママに必要なカルシウムは効率良く体に取り入れられるよう、工夫した食べ方......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

マタニティ情報(ウエア,ヨガ,通販):携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://baby.9feg.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。