マタニティ期間中の鉄分って大切!?

マタニティ期間中は貧血になりやすいといいますよね。
お医者さんによるとマタニティ期の貧血は"鉄欠乏貧血"と言って、鉄分が不足することによって起こるそうです。
マタニティ期の特に中期ぐらいになるとベビーの為の血液を作り出すために血液の量が増え、ますます貧血が起こりやすくなるとのこと。

スポンサードリンク

貧血が起こってしまったら鉄分をたくさん含んでいる食品を食べ、悪化しないように食生活から改善してみましょう。
まず鉄分の一日の必要量は18.5mg(18〜69歳の女性)。
アボカド・ブロッコリー・春菊・ほうれん草・苺・豆類などに多く含まれています。

貧血になってしまったからといって鉄分を摂ろうとレバーばかり食べていては、あまり効率よく吸収されないそうです。
レバーだけなどの一種類に頼らず、鉄分を含む他の食べ物を組み合わせながら取り入れると良いでしょう。
更にマタニティ期の体にとって大切な赤血球を作り出すには鉄分だけではなく、良質なたんぱく質も一緒に捕りたいものです。

赤身の肉や魚、青菜やひじき、牛乳、豆腐などの良質なたんぱく質を含んでいる食べ物は鉄分の吸収を高め効率よく赤血球を作り出します。
また良質なたんぱく質とビタミンCにより小腸での鉄分の吸収が良くなります。

ビタミンといってもA・B・Cなどのいろいろな種類がありますね。
ビタミンは、たんぱく質や鉄分、カルシウムなどの栄養分が体内にスムーズに吸収されるように働き、助けています。

マタニティママに特にお勧めは、ビタミンB群の葉酸(ようさん)です。
ベビーの神経や脳の発育に重要な栄養素で、妊娠前の数ヶ月からマタニティ期の初期にかけてどんどん取り入れていきたいですね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

マタニティママの食事の目標
マタニティ期間中はバランスの良い食事のが必要となってきます。 そのためには1日に......
マタニティ期間はカロリーと塩分に注意!
マタニティ期間中の体重増加は8Kgまでが理想とされています。 太りすぎると脂肪が......
マタニティ カルシウム摂取と便秘
マタニティママに必要なカルシウムは効率良く体に取り入れられるよう、工夫した食べ方......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

マタニティ情報(ウエア,ヨガ,通販):携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://baby.9feg.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。